ウエルッシュカントリーガーデンin上陽

ほたると石橋の館より道路を渡った向かい側、星野川沿いに細長く広がる公園が、「ホタルと石橋の里公園」です。

ほたる橋(つり橋)やアズマヤ、ほたる水路、最奥部にはハーブ園が広がる憩いの空間です。

しかし、ハーブ園として整備された「体験広場」は手が付けられず放置されたままでした。そこで、私たち特定非営利活動法人グラウンドワーク福岡(以下、GW福岡)が指定管理者として管理運営をはじめた頃より「何とかしたい!そして、住民の方々以外も憩いの場として訪れてほしい!」という願いがありました。さらには、ウエールズ地方のトラストとの長年に渡る交流の中で得たヒントを活かし、ウエルッシュカントリーガーデン(*1)として公園を再生させたいという願いと共に、「北川内ば、さるこい!ワークショップ」(*2)では、ハーブガーデンが「改善したいもの」に上げられ、住民やGW福岡会員らも共通の問題意識であることが確認されました。それらの事を踏まえ、ウエルッシュカントリーガーデンづくりを地元の方々やGW福岡会員らと共に製作したものです。


*1 ウエルッシュカントリーガーデンとは、畑と庭園を兼ね備えたウエールズの伝統的なガーデニングの手法で、ハーブと花と野菜の混植(コンパニオンプランツ)が特徴の趣味と実益を兼ねた、貧しかったウエールズならではの庭園です。

*2 北川地ば、さるこい!ワークショップとは、2007年11月~12月にかけ開催したまちづくりワークショップの名称であり、エコミュージアムの考えをとり得れ八女市上陽町北川内地区での活用を視野に入れた取り組みを展開しました。


■ここがポイント

○ 住民、GW福岡会員参加による公園整備

○ 障がい者に配慮した公園づくり

○ ハーブガーデン ⇒ 日英交流をヒントに!

    「ウエルシュカントリーガーデン」への改良

○ コンパニオンプランツの手法を活かした野菜とハーブの混植植栽  


■取組の様子

【2007年】

・ 12月 24日 平板測量<敷地計測>

【2008年】

・ 01月12日 公園をデザインしよう!

・ 01月26日 公園の模型をつくろう!

・ 02月 10日 公園整備作業

・ 02月16-17日 公園整備作業

・ 02月23-24日 公園整備作業

・ 03月22日 植え付け

・ 03月30日 除幕式

NPO法人グラウンドワーク福岡

福岡市にあるNPO法人。HUMAN LINK ~人と人とのつながりを通して誰もが幸せに暮らしていける22世紀の地域生活をめざします~ 環境改善・環境教育・福祉啓発・国際交流

0コメント

  • 1000 / 1000